日本中華総商会

Chinese Chamber of Commerce in Japan

        日本中華総商会(cccj)は1999年9月9日に設立されました。在日華僑・華人および中国資本の日系企業法人を会員とする非営利公益団体であり、日本最大の華人経済団体でもあります。
        日本中華總商会には2013年3月までに300社近くの企業会員が所属しています。情報、エネルギー、 金融、貿易、加工、輸送、環境保護、サービスなど幅広い分野で事業を展開しています。華僑華人経営者が 主体となる正会員230社のうち、6社が東京証券取引所に上場しています。 最新の統計では、正会員企業の資本金総額は300億円を超え、従業員は14,000人以上、売上総額は20億円を超え、 子会社は230社を超えています。日本企業と多国籍企業からなる賛助会員は70社にのぼり、その半数近くが上場の大手企業です。その中には、日本最大の外資系銀行と外資系生命保険会社、日本最大の会計事務所、法律事務所、監査事務所、日本を代表する証券会社、日本最大のゴルフ場運営会社および新興産業分野のトップ企業が含まれています。概算の統計によると、賛助会員企業の資本金総額は3兆円を超え、従業員数は12万人を超えています。最近の年商総額は9兆円を超え、子会社は1,000社以上となっています。



関西中華総商会

kansai Chinese Chamber of Commerce in Japan

        関西中華総商会の前身は2013年6月27日に関西地区の華人経済団体として設立されました一般社団法人日本中華総商会の関西支部です。2014年12月5日、日本中華総商会の組織改革に伴い、日本中華総商会関西支部は日本中華総商会の主要構成団体の直轄となり、《関西中華総商会》と改名しました。

設立時期

関西中華総商会は2013年6月27日に設立されました,
一般社団法人日本中華総商会の直属の主な構成団体で、
日本関西地区の華人企業家からなる経済団体です。

商会理念

ビジネスを通じて商会の持続的発展を図る

商会愿景

華人経営者が経営理念を語らう、心の交流の場になります。
関西エリアで最も影響力のある非営利華人経済団体になります。

商会使命

関西華人企業の 事業発展促進。
関西エリア華人社会の 調和的発展の促進。
日中両国の 経済発展の促進。